Benoit Rosenbergers

●Loup des Vignes/2017(ルー・デ・ヴィーニュ:ガメイ・ドーヴェルニュ)赤 2020年6月リリース

【2020年5月入荷】
淡いレンガ色。色合いや香りからも落ち着いた印象を受けます。チェリーコンポートやドライ苺などの深い果実香にドライハーブやオーガニックのハーブティーなどの香りが感じられます。若い果実の中にトーンの落ち着いた印象や熟成由来の深い風味が溶け合っているようで、どことなくブルゴーニュの古酒をイメージさせる奥深さと軽やかなタッチ、質感が感じられます。奥行きのある果実味と昆布のような旨味がアフターに残ります。タンクで1年その後樽で1年熟成させることで、赤い果実の澄んだ味わいに奥行きや複雑さ、まろやかさが加わります。口に含むと落ち着きながらも明るい赤い果実をイメージさせる風味が感じられ、キラキラと光が差し込むような透明感のある水の中へゆっくりと引き込まれていくように、ゆっくりと深い味わいや複雑なニュアンス、旨味が広がっていきます。熟した密度の高い高品質の葡萄だったことを想像させるような緻密さ、それでいて澄み渡る角の丸い酸が体に染み込むようなスムーズな飲み心地と質感を感じさせます。複雑さと深さを伴う明るい果実味は馴染みやすさがありながら、ロウソクの灯火でゆっくりと味わいたくなるような雰囲気をもつ魅力的なスタイルです。
by
関連記事

    関連記事はありません